【北大限定】北大式土器
【北大限定】北大式土器
【北大限定】北大式土器
【北大限定】北大式土器

【北大限定】北大式土器

在庫あり

ミュージアムカフェぽらすのオリジナル商品、土器で飲めるタピオカミルクティー「タピ土器」が大好評の為、
当ショップでは「土器」のみを販売! コップにしたり、鉢植えにしたり、用途は様々!
一つ一つ丁寧に手作りしています。

サイズ(約):高さ90mm 口径95mm 底50mm(手作りの為多少の誤差があります)

※お使いのスマートフォンやパソコンの閲覧環境により、写真と実物の色味や質感が多少異なって見えることがございます。


 


■ご使用にあたって


 この「続縄文期 北大式土器」は北大式土器の特徴にあわせた文様で、一つづつ手作りしています。その為、大きさ、模様などがそれぞれ違います。
内側が炭のように見えますが、他の陶器と同じ釉薬( うわぐすり)ですので、飲み物をいれても漏れる心配はありませんし、汚れる心配もありません。普通の食器と同様にご使用ください。


■「北大式土器」続縄文期 についての解説


 北大式土器とは、紀元5 世紀から7 世紀にかけて、北海道から東北地方北部にかけて、時期によっては分布圏を多少伸縮させながらも広がっていた土器型式です。「土器型式」とは、ある時期・地域に特徴的に認められる土器のまとまりのことです。そうした土器型式の設定にあたっては、該当する資料がまとまってはじめて確認された遺跡名をとってその名称が付けられます。北大式土器は、最初に北大構内から発見されたものを示準資料として設定されたために、この名称が付けられました。大学名が土器型式の名称に用いられることは全国的にも(おそらく世界的にも)例がないこと
です。
 北大式土器は、時間的には、古墳文化の中期から後期に併行します。この時期、東北地方の中部まで、前方後円墳に象徴される「古墳文化の政治圏」が伸張してきていました。その中で、それらの地域の人々と活発な交易活動を展開し、接触を頻繁に繰り返しながらも、依然として異質な文化伝統を維持し続けようとした人々が主に残したのが北大式土器です。古代の文献史料などで「蝦夷(えみし)」と呼ばれた人々とも関連性があるのではないかと考えられています。東北日本の古代史を考えるうえで、北大式土器は非常に大きな意味を持っていることがわかるでしょう。


¥1,540(税込)
数量
ご購入前に注意事項、各ポリシーをご確認ください